国際サッカー連盟に加盟する国や地域

国際サッカー連盟に加盟する国や地域

もっとも、国際サッカー連盟より早急発足していたためにサッカー発祥の地といわれているイングランド・スコットランド・ウェールズ・北アイルランドの4地域の協会は国際サッカー連盟のなかでも特権が与えられています。これら6つの大陸連盟を通じてそれぞれの国とか地域のサッカー協会は、国際サッカー連盟に加盟しているのデス。

国際サッカー連盟の定数7名の副会長のうち1名はこの特権のひとつとして、この4エリア協会のいずれかのエリアの代表者が就く事が保証をされています。なお、国際サッカー連盟は本来は1国・エリア1代表と原則を掲げてたものの、世界の各国に国際サッカー連盟に加盟をしなかったイングランドの近代サッカーの母国としての優位性が拡がる事で、4国際サッカー連盟として地域協会を認可をせざるを得なかった経緯があるのです。

そして、国際サッカー連盟とこの4エリア協会で構成をされた国際サッカー評議会によってサッカーのルールや重要事項などは決定をされることになっています。このため、別々にイギリスの4国際サッカー連盟に地域が加わってるなどしていて、国際連合に加盟する国とかエリアより国際サッカー連盟に加盟の国とか地域は多くなってます。

アジアサッカー連盟(AFC)、アフリカサッカー連盟(CAF)、欧州サッカー連盟(UEFA)、オセアニアサッカー連盟(OFC)、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)、南米サッカー連盟(CONMEBOL)の国際サッカー連盟(FIFA)は、6つの大陸連盟を配下に置いています。